妊娠を望んでいるのに、なかなか妊娠できないという夫婦は少なくありません。

そんな時、不妊治療をする必要があるのか?といった、大きな疑問や悩みにぶち当たる事もあるでしょう。女性中には、「卵巣年齢」を知る為の「AMH検査」に興味を持つ人もいらっしゃいます。

そこで、今回は卵巣年齢を知るAMH検査について、解説をしていきたいと思います。

卵巣年齢とは?

卵子というのは、生まれる前から数が決まっており、出生と同時に年々その数は減少していきます。卵子が増えるということは、ありません。初めての生理から、何度となく排卵をしてくる女性は、卵巣の中にある卵子の数が減っているのが当たり前です。

卵子の減り方は、人によって異なるので自分の卵子の数というのは、検査をしなければ分かりません。そこで卵巣年齢というもので、自分の卵巣の状態を知ることができるようになったのです。

卵子の数が多ければ、それだけ卵巣年齢は若いと判断し、卵子の数が少なければ、卵巣年齢は高いと判断されます。

AMH検査とは?

検査の方法

血液検査でAMH数値をチェックする事で、卵子の数がどのくらい残っているのかを知る事ができます。発育中の卵胞から分泌されているホルモンを、AMHと呼びます。

これは、卵胞の数とAMH(ホルモン)の量は比例していることが分かっているので、卵子の数がどのくらいか予測が出来る検査です。

検査結果で分かる事

AMHの数値が高ければ高いほど、卵子の数も多いという結果になります。つまり、卵巣年齢が若いということです。ただ、卵巣年齢や卵子の数と「卵子の質」は全くの別物です。ですから、卵子の質が悪ければ数が多くても、妊娠の可能性は一般よりも低いと考えていいでしょう。

卵子の数が少なくても、卵子の質が良かった女性が妊娠したというケースも、たくさんあります。ですから、AMH検査の結果は、あくまでも目安としてと考えるのがいいでしょう。

不妊治療をこれから行っていくという人は、この検査によって今後の方針が決まっていきますので、医師と相談をするのがいいでしょう。

検査の費用

AMH検査は血液検査なので、とても簡単ではありますが「保険適用外」になるので、自費になります。5千円~1万円程度の検査費用が必要だと考えてください。その他に、診察料なども必要になります。