妊娠しやすい体重があるのをご存じでしょうか?

健康であれば、体重は妊娠に関係ないと思っている人も多いでしょう。しかし、体重はとても大きく関係しているのです。あなたの妊娠しやすい体重を確認してみましょう。

妊娠しやすい適正体重のホント

女性ホルモンは、ほんの3キロ程度増えたり、減ったりするだけでも、分泌量が変わってしまうくらいデリケートです。つまり、妊娠しやすい体重があるのにもかかわらず、オーバーや足りないという人は、妊娠しにくい体になっていると言えるのです。

太りすぎても、ダイエットしすぎても、どちらも妊娠には不向きになってしまいます。

あなたの適正体重を今すぐチェック!

BMIという方法を使えば、あなたの適正体重がすぐにチェックできます。ちなみに、妊娠しやすいBMI値は「22」なので、そこを目標にすると良いでしょう。

  • 体重kg÷(身長m×身長m)=BMI
  • (身長m×身長m)×22=適正体重

どうでしたか?BMI値は22になりました?適正体重をキープできていますか?

太りすぎと痩せすぎの人の体について

太りすぎ、痩せすぎという人たちは「排卵障害」を引き起こしやすくなります。さらに痩せすぎの場合は、神経質になる事が多いので、ストレスによって排卵が狂ってしまうことがあります。

ホルモンバランスが崩れやすいので、卵巣が硬くなる事があります。すると、無排卵月経や、無月経などが生じることもあります。妊娠をしたいと言うことであれば、無月経に気づいたらすぐに病院へ行きましょう。

太りすぎている人は、そのままの体重で妊娠をすると、「妊娠高血圧症候群」「妊娠糖尿病」といった症状を引き起こす可能性があります。ですから、適正体重にしてから妊娠することをお勧めします。

母体もそうですが、赤ちゃんにも影響がでてきますので、どちらともが危険にさらされる可能性があります。妊娠したいという気持ちだけでは済みませんので、必ず体重を適正にして、健康状態をキープしてから妊娠に臨みましょう。