個人で利用可能!高齢者向けの見守りサービス徹底比較

見守りサービスとは?

離れた家族の暮らしぶりが心配だけど、家庭の事情や、仕事の都合などで、今すぐ同居するのは難しい。何かあった場合に、スグに気付いてあげられないのが不安だな…

そんな状況にある方に適しているのが、高齢者向けの見守りサービスです。

ご高齢の方だと、持病を抱えていたり、ちょっとした不注意による怪我なども考えられます。しかし、一人暮らしの場合ですと、自力で救急車を呼ぶのも難しくなります。

そんなときに、見守りサービスに加入していれば、いち早く異常を察知して、迅速に対応することが出来るようになります。

見守りサービスの内容について

各社が提供する見守りサービスは様々なタイプがありますが、大きく分けると「センサー」「電話」「訪問」「駆け付け」「カメラ」の5つの種類があります。

センサー設置

最も一般的なのが、センサー設置タイプの見守りサービスです。

キッチンやトイレといった生活導線に感知センサーを取り付けて、人の動きを検知。一定時間、動作を検知できなかったり、いつもと違うパターンから異常を察知して、通報してくれるシステムです。

見守られる側にとっても、いつも通りに生活ができるので、負担がありません。また、監視されている。プライバシーが気になるといったこともないので、心理的にも導入しやすい見守りサービスだと言えます。

電話

週に数回、決められた時間に電話をすることで、安否の確認をするのが、電話による見守りサービスです。

自動音声で機械的に確認するものもあれば、毎回専属の担当者が電話をしてくれるものもあります。電話の内容は、ご家族や登録した人に、メールなどで報告してくれます。

担当者が電話で、話し相手になってくれるサービスの場合、一人暮らしが寂しいと感じている高齢者には嬉しいサービスになります。しかし一方で、決められた時間にかかってくる電話に出て、対応しなくてはならないため、それを負担と感じることもあります。

訪問サービス

サービス会社の担当者が、月に1~2度、直接自宅まで訪問し、高齢者の様子を確認。その結果をご家族まで報告してくれるのが、訪問タイプの見守りサービスです。

実際に人が確認しにいくので、暮らしぶりが分かりやすいというメリットはありますが、訪問頻度は低いため、緊急時への対応は出来ません。

駆け付けサービス

駆け付けサービスは、主にセコムやアルソックなどのホームセキュリティー会社が対応してくれる見守りサービスです。

高齢者自身が緊急通報用のボタンを押したり、ご家族が異常を察知した際に、セキュリティー会社に連絡することで、警備員が自宅まで駆け付けてくれます。

その他にも、身体の不調や不安を感じた際に、看護師や保健師に24時間365日相談できるなどのサービスもあります。

カメラ設置

ネットワークカメラを設置することで、ネットを介して離れた家族の安否を確認できるのが、カメラ設置タイプの見守りサービスです。

カメラ型は、監視されている側面が強く、プライバシーも無いなど、見守られる側の負担が大きくなります。よく話し合ってから導入を決めた方が良いでしょう。

上記の5つのタイプの見守りサービスを、いくつか組み合わせることで、より万全な見守り体制をつくることが出来ます。

見守りたい人との距離や予算、見守られる側の要望などから最適なものを選ぶと良いでしょう。

見守りサービスの料金について

見守りサービスの料金は本当にピンキリです。自動音声による電話だけでいいなら月額200円ぐらいで始められます。

万全を期すならホームセキュリティー会社と契約して、センサーを設置。何かあったら迅速に駆け付けられるところまでやるなら、初期費用や機材の購入をしたうえで、さらに最低でも月5,000円~の費用はかかってしまいます。

コストをかければより充実した見守りが出来ますが、見守りサービスというのは基本的に長期的に契約するものです。数ヶ月だけの加入では、意味がありませんからね。

負担できる金額、予算と相談しながら、出来る範囲で最善の方法を検討していきましょう。

見守りサービスの比較

セコム 高齢者見守りサービス

ご自宅にセンサーを設置し、普段使用する場所から異常が無いか見守ります。

また、ペンダントも導入されており、室内でのケガや急病で動けない時でも、握るだけでセコムへ救急信号を送ることができます。少しの水しぶき程度であれば問題ありませんが、湯船に入る場合は外す必要があります。

24時間、セコムの看護師に電話で相談できるのも、魅力の一つです。人間ドックの紹介や予約の代行、医療機関の情報も教えてくれます。

導入に対してご家族への説明が上手く出来ないと不安であれば、セコムの方と一緒に話合いをすることも可能です。また、実際に使用できるかどうか、デモ機器で試すことができますので、導入してから操作できない心配をなくすことができます。

ALSOK みまもりサポート

緊急時にALSOKのガードマンが駆けつけてくれ、ALSOKヘルスケアセンターに24時間いつでも相談することができます。

持病やかかりつけの病院をあらかじめ登録しておくと、緊急時にも安心です。自宅に操作方法が簡単なコントローラーパネルを設置します。

二世帯住宅や店舗住宅、集合住宅に対応しているタイプもあり、長期不在の家の管理を任せられるオプションもあります。

初期費用が心配な方は、短期間の利用で書記費用0円のプランや、工事費のみのレンタルプラン、10年間無料保証付きのお買い上げプランなどがあります。

もしもの時に来てくれるガードマンはトレーニングを積んだ方ばかりです。押し売りや詐欺の防犯にも、とても役立ってくれます。

東京電力エナジーパートナー 遠くても安心プラン

カメラやセンサーの設置はありませんが、家電製品を8種類登録することで、日常の生活が送れているかどうか、見守ることができます。

家電製品の利用がなく、様子が違うと判断した場合は、アラートメールが届きます。特に高齢者の方はエアコンの使用を嫌がる傾向にありますので、熱中症予防のために登録しておくと安心です。

使用された家電製品は1週間ごとのレポートにまとめられ、家電の種類と使用時間を、タイムライン上で一目で確認することができます。

最大5人まで一緒に見守ることができますので、ご家族やご兄妹の方々とも一緒に見守ることが可能です。分電盤に約8cmのセンサーを取り付けるだけですので、見守られる方も普段通りの生活を送ることができます。

絆-ONE

絆-ONEでは離れた御家族を見守るために人感センサーを利用しています。ご家族が一番長くいる部屋にセンサーを設置して随時スマートフォンなどでその状況をお知らせできます。

もしもの時のために押すだけボタンというご高齢の方でも簡単に使えるお知らせ用の機械があり、それを用いてボタンを押すだけで家族へのあいさつやオプションで行う支援サービスを呼ぶことができたり、緊急にご家族へ連絡がいくようにすることができます。

また、センサーが感知している場合でも24時間以上その場から動いていない場合もご連絡や確認を行うようにしています。ご家族の安全が心配な時にぜひ絆-ONEのサービスを利用してみてください。

象印 みまもりほっとライン

象印みまもりほっとラインは象印が行っているポットを使った斬新な見守りサービスです。

専用のポットさえあれば設置工事などの必要もなく、負担なくすぐに利用を開始できます。ポットには専用の無線機能が付いています。

そちらを利用することでご家族などのスマートフォンやパソコンなどにポットの使用状況が1日二回送信されるようになっていて、グラフで1週間分確認することもできます。

ポットは日常的に使用するものでその使用のリズムが一定であることが多く、遅くに使用した場合は体調不良、リズムが不規則な場合は痴呆が始まりかけた兆候があるのだと開発にかかわった医師の方もおっしゃっています。

また一か月の無料体験を可能なのでまずはそれから始めてみるのも一つのやり方です。ぜひ皆さんもみまもりほっとラインのサービスをご利用してみてください。

郵便局のみまもりサービス

郵便局のみまもりサービスはその名の通り郵便局員が行っている見守りサービスです。

月額2500円で郵便局員がご自宅を訪問し、ご家族の安全確認をし、お話し相手になったりします。実際に人間が訪問することでこそできる安全確認や話し相手になってもらう事で孤独を癒し、脳を刺激して痴呆症の防止になったりと様々な利点があります。

オプションでもしもの時にご自宅に駆けつけるサービスや電話で毎日安否を確認するサービスなどがあります。

また他にも24時間健康についてご相談を受け付けているなど様々なサービスを実施しています。皆さんもこのサービスを利用してみてください。

まごころLivon

まごころLivonは4つの人感センサーを用いてそれの反応をグラフ化してスマートフォンやPCなどで閲覧して、ご家族の安全を見守ることができるサービスです。

人感センサーの通信料は月額料金に含まれており、通信機器もご自宅のインターネットには依存しない形で通信をしていますので、回線を設置する必要もなく、機器も設置型ではなく、その場に置いたり、ブランケットに入れて吊るしたりできる軽量なものなので設置工事の手間もいりません。

洗面所、台所、居間、寝室などに設置してご家族の一日の行動の状況を見守り、異変があればグラフでわかりやすく把握できるようになっています。

皆さんもぜひこのサービスを利用してご家族の安全を見守ってあげてください。

つながりプラス

つながりプラスは電話で担当コミュニケーターが毎週定期的に連絡を取り、お話をすることでご家族の状況を把握し、それをレポート形式で報告してもらえるというサービスです。

他人だからこそ話せることも多く、家族に相談していないお金や健康の悩みや趣味や人間関係、家族じゃないからこそ吐き出せる溜まったストレスや鬱憤などを信頼関係を築き、時には利用者の方の秘密も守りつつ、必要なことはちゃんとご家族に報告するというこのシステムだからこそ得られる独自の利点を持っています。

家族間だけでは知りえなかったことをお互いに知れて、離れていてもコミュニケーターを通したコミュニケーションのおかげでより深くお互いを知ることもできます。

皆さんもぜひこのサービスを利用してご家族の安全とともにより良いコミュニティの構築に努めてみてください。

らいふコール

初期費用0円で、月々200円~の低価格でご家族を見守ってくれます。あらかじめ決められた時間帯にらいふコールから自動音声で電話があり、プッシュボタンでその日の健康状態を押してもらいます。

また、365日豆知識や健康情報、雑学など異なるメッセージが送られてきますので、毎日楽しく続けることができます。録音メッセージを送ることも可能で、最大5件の連絡先にメールで送信されます。

固定電話であれば月々150円(曜日選択日数×50円)、携帯電話は375円(曜日選択日数×125円)の安さで、その他の通話料もかかりません。伝言メッセーを送る時だけは、通話料がかかります。

お誕生日を登録しておけば、お祝いのメッセージを送信してくれるサービスもあります。

みまもりステーション

スマートフォン、タブレット、パソコンなどを介して、ご家族の安否を確認するアプリです。

センサー付きの充電機器にスマートフォンを設置し、メッセージの送受信や警報機器のスイッチ操作、端末の設定変更ができます。

室温センサーや人感センサーを導入していますので、長い時間いる場所に設置しておくだけで、暑さや寒さ、容態の急変などを察知し、アラートメールで知らせてくれます。

登録してあるパソコンやスマートフォンであれば、遠方からでも屋外の警告灯を作動させることもできますので、自然災害の時にも安心です。

操作方法は高齢者の方に合わせて、○、△、×などのアイコンを押すだけで操作可能ですので、難しく考え込むこともありません。

高齢者のための見守りサービスを徹底比較しました